上田一輝|Ikki Ueda

「東南アジア」「海外旅行」「マーケケティング」を中心に発信。ベトナム・ハノイのマーケター/留学・海外大学進学のコンサルティング/旅人

旅行をするときは、「現地の人とも共にするべき理由」

今回ホーチミン市に一人で行き、数人の知人と会ったり、チャイナタウンのツアーに参加しました。最近は旅行を出来ていなかったので、久しぶりに旅行となり普段よりワクワクしました(笑)。

ホーチミン市の人口は約900万人ほどで、ハノイ市では833万人ほどです。ベトナムの首都はハノイですが、経済の中心はホーチミン市と言われ発展しています。

以前からホーチミン市に行ってみたいと思っており、ようやく今回それが実現できました。実際にホーチミン市ハノイ市では、ベトナム語の発音や方言、気候、人々の気質の違いを感じられました。

ベトナム語では発音がハノイのトーンの高さが違うと感じられました。ただ、どこがどう違うかを言語化できるほどまだ私のベトナム語が至ってません(笑)。

気候はホーチミン市では、年中夏でこの時期でも日差しが強くて湿度も高く、汗をかくほどです。ハノイ市では、四季(雪は降らないけど)があり11月下旬は少し肌寒いと感じるほどです。

もう一つの人々の気質は、ホーチミン市の方がフレンドリーで、知らない人でも話しかける文化があります。もっと言うと、欧米人を含む外国人も多く、インターナショナルスクールも数多くあります。

地元の人曰く小さい子でも外国人に抵抗が少ない子も多いみたいです。実際に私が現地に参加したツアーで、10歳ほどの子供も参加しており、フレンドリーに話しかけてくれました。

一方でハノイもフレンドリーではあるものの、一般的には少しシャイで穏やかな人が多いと言われています。もちろん、個人差はあるものの、肌感覚でもその違いを感じ取れた気がします。

さて、今回は一人でホーチミン市に行き、数人の知人と会ってローカル情報を聞いたり、第五区のチャイナタウンのガイドツアーに参加しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現地人と共に旅行をすることで、見えてくるもの
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

個人的に旅行をするうえでおススメなのは、現地人と一緒に探索をすることです。

一人や友人のみで終始行くと、どうしても表面的なものを見て終わることが多いからです。シンプルに楽しむだけなら、そっちの方が良いですが、より深みを求めるなら前者がいいでしょう。

私の場合、現地のマーケット情報、今の流行り、暮らしぶりに興味があります。もし完全に一人で旅行に行ったら、細部の情報まで見ることが難しいです。

具体的にベトナムの主要な都市であるホーチミン市についての上記について、知っておきたかったです。実際に行ってみないと特にそこでの雰囲気などは見えてこないので。

実際に行ってみてホーチミン市は、外国人も多くグローバルで、勢いがある街だと感じました。特に夜の街並みがきれいで、広場でダンスや歌が行われていて、多くの若者が集っていました。

ちなみに、今回現地で会った知り合いは日本語を話せるベトナム人でした。主に一区で人気のスポットを現地情報を交えて紹介してもらえました。

画像

今回のもう一つのメインイベントは、その知人がオススメしてくれた「チャイナタウンのガイドツアー」。

画像

海外旅行客から人気のイベントと聞いていたので、外国人もいると思いきや参加者はベトナム人のみでした。さらに、面白いことにホーチミン市在住の方のみでした。

個人的にローカルの人たちと一緒に現地ツアーを受けることは、どこか新鮮で楽しい時間でした。英語の通訳者が付きっきりで通訳してもらえたのもあり、濃い時間を過ごせました。

画像

チャイナタウンの歴史に紐付き、さまざまな人気スポットやローカル情報を説明してくれました。

画像

一人では素通りしてしまう情報を得られるということでも、旅行時に現地の人たち関わるメリットは多いでしょう。海外の移住先を考えている方であれば、これは特に重要になります。

以前私が移住したシンガポールでも、大学で知り合ったシンガポール人の友人に現地を案内してもらいました。そこで、現地の暮らしぶりや地元の人が人気のエリアなどを教えてもらえ、自身でもその発展具合を感じられました。

結果的にそれをきっかけにシンガポールに移住をしました。ただ、もし完全に一人で見に行っていたら、コアな部分を見逃し、移住先として検討していなかったかもしれません。

ただ、個人的に一人で旅行することも好きですが、そこに現地の人を交えて観光をする意味も多くあります。