上田一輝|Ikki Ueda

「東南アジア」「海外旅行」「マーケケティング」を中心に発信。ベトナム・ハノイのマーケター/留学・海外大学進学のコンサルティング/旅人

海外移住を検討した際にまず考えるべきこと

私はこれまでオーストラリアに語学留学と海外大学を4年間、シンガポールに3年間の就労、ベトナムに7ヶ月の就労をしました。

私自身は海外移住について振り返り始めたのは直近1年ほど前になります。こちらは自身の海外移住で上手く行ったことや失敗談など、さまざまな経験を他の方にもSNSで共有をしたかったからです。つまり、自身の経験をサンプルとして活用してもらえれば嬉しいためです。

ちなみに、私が初めて海外経験は、2014年9月に渡航したフィリピンのセブ島の語学留学となります。当時通っていた北海道の大学の学生生協で、たまたまセブ島留学のPRを観て、渡航を決めた流れです。具体的にどこの国が良いかや海外生活のイメージもほぼない状態でした。

10代という若さもあり、そこまで考えすぎずとりあえず海外に行ってみようというノリでした。

しかし、(今は大分改善されているみたいだが)実際に行ってみると当時のセブ島は治安があまり良くなく、直感的に生活環境に馴染めそうにないと感じました。

画像

個人的にそれ自体は何の問題もなく、その後はより自身に適した国に行きたいなと漠然と思ってたからです。

その後は、このミスマッチの経験を活かせて、スムーズに先述の国々に移住をすることができました。まず、どこの国に行けばいいか分からない場合は、シンプルに色々な国に旅行をしてみると良いでしょう。

そこでピンとした国に行ってみると移住後のミスマッチの防止につなげられます。以前こちらのテーマで深掘りをした記事は、下記となります。

ikkiu.hatenablog.com

 

そういった経緯もあり、今回は海外移住の方法を細分化して、それぞれの特徴を深掘りしていきます。特にこれから海外移住を検討されている方に役立つコンテンツとなります。

この続きはcodocで購入